ネズミが出ると、まずわかるのが食べ物を齧ることがあります。
他にも、フンが落ちていたり音がしたりします。ネズミは、病原菌を持っているので衛生面でもすごく心配になりますが、精神的にも同じ空間に存在をすると思うだけでいい気分にはなれません。そんなネズミ退治の基本は、まずどこから侵入しているのか調べることです。



壁や、縁の下など隙間がないか確認をします。

わずか3㎝くらいの隙間があれば出入りが可能です。

ネズミ退治で、侵入口を探すときに意外と見落としてしまうのがエアコンの中にある穴です。

外とのパイプを繋ぐために、穴が開いていますがよくここからネズミが侵入してくるケースが最近は増加しています。



侵入口というと、下ばかりに視線がむきますがエアコンも確認をします。

他にも換気扇の、上の部分の排気口から侵入することもあります。

針金では入る、ことができるので目の細かいネットなどで対策をします。
まずは、ネズミ退治はこの侵入先を見つけてふさぐことが基本です。


後は、食べ物やゴミなどネズミがエサとするものを全て蓋つきの容器にいれて食べることができないようにします。

そして、ネズミ捕りのシートにエサを用意して移動をする壁際や冷蔵庫の下などにセットしておきます。


侵入口から、入ることができなくてももう自宅内にいることがあるからです。

もう、いなくなったのか確認をするにはパンを小さくちぎり一つだけ台所の床などに置いておきます。



これが、なくなればまだネズミがいることになります。